• 最近はパソコンを用いて様々な事を行う事が可能となってまして、大変便利なツールとして多くの企業や一般の家庭などでも利用されてきています。
    この便利な反面で、パソコンに保存するデータなどはセキュリティー対策を行いながら対応しませんと外部からウイルスなどを利用してデータを盗み出したり、或いは勝手に情報を公開するなどの被害にあう可能性が有るので注意が必要です。
    特に企業などはユーザーの名前や住所、電話番号などの個人情報を入手して、情報提供などに利用するのですが、これらが流出しますと企業の信頼失墜にもなりかねませんので、とても大切な事なのです。
    これらのデータはパソコンの中にファイルを作成して保存するのですが、ファイルにセキュリティを行い、データを第三者が開封出来ない様にするファイルセキュリティのソフトを導入するのが有効な手段なのです。
    いくつものファイルセキュリティソフトが有る中でお勧めなのが、FinalCodeでしてこれはパスワードを設定する必要が無くて閲覧者のみが開封できる暗号化ソフトなのです。
    更にはファイルを追跡したり削除することも可能ですので、とても使いやすい便利なソフトですので皆さんも導入を検討下さい。http://www.finalcode.jp/about/advantage/