• 結婚式などに、どうしても都合がつかないときには、祝電でお祝いを述べましょう。(ここも参照)
    言葉なら、その場の雰囲気とかで、なんとなくごまかせる言い間違いも
    電報ならあとに残ってしまいます。
    言葉選びは慎重に。
    結婚式には、とくに禁句が多いものです。
    終わるとか、切れる、別れる、離れる、帰る、去る、など、
    たくさんの言葉が有ります。
    別れや破局を連想するようなものは慎重に遠ざけましょう。
    なんだか、ものすごく窮屈な感じがしますが、
    要するにマイナーなイメージの言葉は使わないことです。
    明るく、未来に向かって、すくすく伸びていくような言葉を選べば大丈夫です。
    さいわい、お祝い事はずっと前から決まっています。
    心配なら下書きを誰かに見せて相談に乗ってもらってください。