• 太陽光発電で発電した電気は蓄電出来ないと思っていました。
    太陽光発電で作った電気は直流になり、それを交流に変換をして家で使用しているからです。
    つまり、電力会社から供給されている電気、壁のコンセントから取る事が出来る電気と同じ交流にしてから使用しています。
    以前は蓄電出来るのは直流の電気だけでしたから、蓄電するとしたら、直流から変換した交流を直流に戻して蓄電するか、直流のまま蓄電する仕組みを持つかが必要でした。
    よって現実的に太陽光発電の蓄電は不可と説明され、一般的にもそう認識されていました。
    しかし最近は普通に蓄電出来るようになっているようです。
    技術進化によって太陽光発電による蓄電システムが一般家庭で使えるようになりました。
    これまでは、昼に発電して余った電気は電気事業者に買い取って貰う事で再利用されていましたが、蓄電システムによって昼に使わなかった電気を蓄電池に溜める事が出来るようになったのです。
    これが何を意味するかと言うと、昼に発電をした電気を夜にも使う事が出来ると言うことです。
    つまり24時間太陽光発電で発電した電気を使えます。
    電力会社から供給される電気を使う必要が有りません。
    毎月掛かる電気代のコストを限界まで抑える事が出来ます。