• 最近、知的財産戦略という言葉をよく耳にします。
    企業が持っている優れた技術をどう生かすかがその中心になるでしょう。
    とくに競争の激しい中小企業ではこの知財戦略が重要性を帯びてきます。
    事業の強化のためにも未活用の発明技術などを特許申請し権利を守ることが肝要でしょう。
    さて、それでは特許申請とはどういうものなのでしょうか。
    特許権を取得するためには所定の書類を特許庁に提出し審査を受けなければなりません。
    書類の作成は複雑で、審査を受けるまでも煩雑な手順を踏むことになります。
    さらに特許権が発生し特許第何号という番号がつくまでには相当な期間がかかります。
    一般人がこの手続きを行うにはかなりのエネルギーが必要になるでしょう。
    そこで活用したいのが専門家である特許事務所です。
    いまは中小企業に特化した特許事務所もずいぶん増えてきました。
    数ある業者の中から信頼できる相手を探すには、実際に事務所に赴きじっくりと相談するのが一番でしょう。
    ヒアリング力や提案の内容を吟味して、最適なビジネスパートナーを決めることをおすすめします。
    政府が知的財産政策ビジョンを打ち出した今、中小企業には追い風が吹いています。
    支援プログラムを活用してビジネスを拡大するチャンスです。