• 様々な種類のサービスを利用するにあたって、それが適切な料金設定となっているかどうか、というのは非常に重要な要素であるといえるでしょう。
    品質が高いものであっても、非常に高いコストを要求されるようなものとなっている場合、コストパフォーマンスとして考えた時に適切であるとは言い切れないためです。
    逆に、低い品質でも良いと言う場合について、高いコストが設定されている場合についても問題となることが多く、これらについてはしっかり考えて料金と見比べる必要があるでしょう。
    ここでは、そういった料金についての体系がわかりやすく設定されている翻訳サービスであるトランスマートについて解説します。

    このトランスマートでは、翻訳レベルに応じて三つの料金コースが用意されています。
    個人レベルの内容であるパーソナル、一般ビジネスレベルの内容であるビジネス、そしてより専門性が高かったり、個別の内容が多い場合のコンシェルジュという三つです。
    コンシェルジュについては個別の料金設定が行われる仕組みとなっていますが、ビジネスについては1文字10円での英訳、パーソナルについては1文字6円での英訳というように仕組みが作られており、利用がしやすくなっているのが魅力です。