• 宅建士は不動産会社において極めて重要な役割を持っています。
    事務所の従業員5人につき1人以上配置しなければいけないことが法律で定められているだけでなく、資格を持っていなければ行なうことが出来ない業務も多数存在します。
    そのため、もしも不動産会社に就職したいと考えているのなら、この資格は必須と言えるでしょう。

    では、どのようなことが独占業務としてあたるのでしょうか。
    1つ目は「契約締結前の重要事項の説明」です。
    これは不動産の購入や賃貸を検討している人に対して物件取引の重要事項を説明する仕事です。
    2つ目は「重要事項説明書(35条書面)への記名と押印です。
    こちらは重要事項を記載した書面情報が正確かどうか確認し、記名と押印を行う作業です。
    3つ目は契約内容記載書面(37条書面)への記名と押印です。
    これは契約締結前に重要事項説明書(35条書面)を交付した後、交付される書面へ記名と押印を行う作業となっています。
    このような重要な仕事をするために宅建士の資格が必要なのです。

    不動産ココの宅建講座は有名講師によるウェブ講義となっているため自分の好きな時間に勉強をすることが出来ます。
    そのため、忙しい毎日を送っている人であっても、自分の隙間時間を使って合格へ向かって努力をすることが出来るのです。
    さらにテスト問題も豊富に用意されているので自分の進捗を確認することも容易です。
    宅建講座について詳しくはこちら