• 植物の花、種子、茎、樹皮などの香りの成分をエッセンスと言いますが、その成分を抽出して得た精油をエッセンシャルオイルといい私たちによく馴染みのあるオイルです。
    この精油をアルコールに溶かしたものを天然エッセンスといい、エッセンスを食用に利用したものに、ケーキの香料でよく使われるバニラエッセンスなどがあります。
    また、エッセンスはその香りを利用してアロマテラピーのようにリラックス効果や部屋の芳香剤として利用されます。
    さらに、花の成分の効用を生かして美容液として若返りのためのアンチエイジング作用を持つエッセンスもあり、その利用方法には広い用途があることに驚かされます。
    自分に合ったエッセンスの利用方法でその香りや効用を生活の中で活用できればと思います。