• キャッシングには、色々な種類があります。
    その中の1つは銀行系です。
    銀行系の特徴は2つあります。
    まず1つ目は金利です。
    銀行系の場合は、消費者金融系のものよりは金利が低めに設定されている事が多いですね。
    キャッシングの中には金利が18%のものがあるのですが、銀行系のものはそれよりも低いものが多いです。
    中には14%台のものもあります。
    それは、やはりメリットとしては大きいと言えるでしょう。
    ただし銀行系にはデメリットもあります。
    それがもう1つの特徴である、審査のハードルです。
    基本的に銀行系のものは、審査のハードルはやや高めの傾向があります。
    金利が低い分、審査の基準は厳し目になっている訳です。
    銀行系の審査で重視されるのは、主に安定収入の有無ですね。
    在籍確認のための電話なども発生する事になります。
    つまりキャッシングの中には銀行系のものが存在する訳であり、それは審査の基準はやや厳し目という訳です。
    その代わり、金利は低めに設定されていると言えるでしょう。